読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活とか趣味とか。主に備忘録

17卒就活生が自身の就活を振り返ります。就活以外のことも取り上げます。

一留17卒の就職活動(7) 英和・新晃工業

内内定はとっくに出てすでに就活は終えていますがバイトの就活が終わりません。誰か雇ってください……

 

英和

大阪に本社を置く独立系商社。取扱商品は主に検査機器や計測機器。自社ビルを所有しており西長堀に拠点を構えている。実は東証二部上場企業である。社長・役員一覧を調べれば一目瞭然だがオーナー企業である。

説明会には参加しましたが選考は受けていません。オーナー企業だからではなく説明会の雰囲気がどことなく暗かったからです。部屋は明るかったんですが説明担当者の話ぶりが陰気な感じがして志望しようとは思いませんでした。説明会に参加したのが3月下旬で一次選考の筆記試験が4/6.7に設定されてましたので、内定は4月か5月中には出たのでしょうね。

 

新晃工業

大阪・南森町に自社ビルの本社を構える空調機器メーカー。空調と聞けばダイキン工業が脳裏に浮かぶがここの製品は業務用空調なのでダイキンとは競合しないらしい。OEM生産もやっているとか。競合しない理由はダイキンが家電量販店に並ぶようなエアコンを作っているのに対し、この会社は建物全館空調用のエアコンを作っているから。業務用空調機は一点一点がオーダーメイドでありライン生産が難しいことからダイキンとの住み分けができているそうな。ここの求人はキャリタス経由でのみ流れていたらしく、志望者はそんなに多くなかったのではないだろうか。しかし受けた面接はすべて集団面接であり実際の志望者数がどの程度かは謎のままである。

説明担当者には好印象だったが会社に対する印象は暗いの一言に尽きる。本社に入ってから説明会会場に行くまで誰にも会わなかったよ。会場もなんか暗かったし。一番明るかったのはトイレでした。ここのトイレは綺麗です。

説明会に参加しなければESはもらえません。参加者にコピーさせてもらうのも不可能です。ESは入社案内冊子に入っており切り取る必要があるため、紙のサイズや色でバレます。選考過程は、書類選考(ES・履歴書)・筆記試験(マークシート)、一次集団面接(学生3面接官4)、二次集団面接(学生2面接官3)、最終面接(個人集団不明、社長面接)。

一次面接の内容は、就活状況・志望動機・友達と喧嘩したことがあるか・最近した親孝行、など。後ろ二つが変化球的な質問ではあるがオーソドックスな面接だったと思う。GW明けに結果通知すると言われていたが翌日にメールで通過連絡と次回面接日時の案内が来ました。二次面接は5月下旬とかなり遅め。

二次面接は役員面接。役員の片方、途中からこっちの顔見やがらねえ…。あ、合わないなと思いました。志望動機の掘り下げと会社理解の深度、あとは役員に気に入られるかが合格の鍵だったと思います。お偉い役員様は私みたいなああ言えばこう言う系は嫌いだったようです。翌日に電話で不採用連絡寄越してきました。印象が暴落したよ、私の声のトーンも暴落したよ。